日本⇔韓国の遠距離。
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
marlin
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
音楽・読書
自己紹介:
体を鍛えたい。ムキムキ!
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
(08/12)
(07/26)
(07/10)
(06/29)
(06/05)
バーコード
ブログ内検索
kaiseki
FX NEWS

-外国為替-
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私はエッセイ漫画が好き

なので「ダーリンは外国人」や「フラ夫婦」という

国際結婚モノも持っています


別に「外国人と結婚したい」わけじゃないんだけど

日本人っぽくない人と結婚したい


私は日本女性らしさがないんですよ

ところが先日韓国へ行ったとき、

向こうの女の子や男の子に

「あなたはGirlyだね」とか、

「Very womanだよ」とか言われたので

ビックリ


私のどこが女らしいの?

・・・未だに分かりません

(後に彼に「外見がじゃないかな」と言われた)

先輩が言うには、韓国の子はハッキリ自己主張する子が多いから、

雰囲気のほわ~んとした子は珍しいらしいです。

あれ。

私ってほわーんとしてないタイプじゃなかったっけ

韓国の女の子に

「キャピキャピしていないところが女らしい

といわれたので、

日本で言う「女らしい」とはニュアンスが違うのかも

日本では キャピキャピ&「こんなのできな~ぃ」みたいなのが

女の子らしい気がする

または「3歩下がってついて行きます」的な


私は完全にどちらのタイプでもないから

非常に意外でした


さて、メールの彼(aussi)との出会いの話です。

aussiとの出会いは、

所属サークルのイベントです

韓国へ旅して向こうの学生と交流してきたのです

aussiの関するはじめの記憶は、

初日の夕食後に最初に皆で集まったとき。


何か韓流アイドルみたいな髪型と格好をしていて、

首のところにコードレスのヘッドホンを引っ掛けていて、

「あぁ、遊び人なのかなぁ」と、

冷静に解釈してました

格好つけている男とは大抵、

趣味も性格も合わないので

初めから恋愛対象としては見なせません。(そして相手も同様に

格好イイなとは思ったものの、

ドキドキとかにはつながりませんでした


次の日は皆で宿泊施設に移動。

夜にに恒例の飲み会が。

初めてだったので、

きちんとイスやテーブルのある部屋で上品に飲み会をしました。

そのときに私の左隣にaussiが座りました。

印象はというと、

何か上品な坊ちゃんっぽくて、オシャレでかわいいという感じでした。

ただ一つ感心したのが、

お酒を飲むときに韓国式に飲んでいたことです。

韓国の習慣で、

目上の人の前では横を向いて(手を添えて?)酒を飲む、

というのがあります。

確かにそのとき前の席に先輩が座っていらっしゃいました。

だけど、他にそんなことをしている韓国人メンバーはいませんでした。

それを見て私は、「しつけのきちんとした家に育ったのかな」と思いました。

その日の印象はそれまで。

この話も後になって思い出しました。


さて、その次に会ったのは・・・海かな?

みんなでビーチに行ったとき、男子全員と女の子半分が海に入る中、

私は砂浜で楽しんでいました。

そんなときにブランコを発見し、

ブランコをとてもenjoyしておりました。

そうこうしているうちに、みんなが海から引き上げて、

私たちのところにも何人かが行ったり来たりしてくれて

(韓国の子はサービス精神旺盛

彼も私たち2人のブランコを押してくれました

その後は海に投げられたり、色々楽しかったです

別に日、バスで隣に座って、色々話しました。

何かアメリカンジョークみたいな話を聞かされて、

その古い芸風にちょっと好感

あとで先輩たちに言われたことは、

彼は'80年代のアイドルである、ということ。

た、確かに・・・


それからはよく話せるようになって、

一緒にいる時間も増えました。



最後の夜の飲み会。

ずっと隣。

他のメンバーは疲れ果てて、静かに談笑とかしてるのに、

うちのグループだけやかましくゲームしてました

aussiに私の雰囲気が好きだと言ってもらえて嬉しかった

自分では全くどこが良かったのか分かりませんが、

そう言われて嬉しかったです。


その夜はマジック(手品)を見せてもらって、(芸風笑)

楽しませてくれる優しさには好感を抱きました。

その日、私は徹夜

で、そのまま日本に出発

mowが私に高校時代の写真をくれました。

「ぼくは行けないけど、これを持っていって」とか、

何かそういうことを言いながら。

私からの要求でハグしてもらって(セクハラ)

挨拶終了。

迎えの車が来て乗り込もうとしたとき、

ふと振り返ると号泣しているaussi

ビックリして走っていき、ハンカチを貸しました。

正直カワイイと思った


もう一回ハグして別れました。

何か車の中では色んな人からもらい泣きして、

涙が出ました。


充実した5日間だった
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
忍者ブログ [PR]